2013年05月14日

『あっ!!!!痛い!!!』

急性期・RICE処置


Rest(安静)、Icing(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上※患部を心臓よりも高い位置に上げること)の応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。RICE処置を損傷直後に適切に行うことで、治癒を早め、その後の運動機能の回復によい結果をもたらします。
急性期(受傷後約72時間)を過ぎると、亜急性期に移行するのでRICE処置を終了します。


亜急性期は、痛めた組織(筋肉、靱帯、骨、腱など)を修復といって元通りにさせるとても重要な時期になります。痛めた組織が修復していないこの時期に無理をしてスポーツを再開したり、動かしすぎたりすると元通りに戻らなくなってしまいます。
そうなるとケガを100%にまで治癒させることが困難になり、その後のスポーツ活動に支障をきたしてしまいます。

当院では、この重要な亜急性期に電流治療器を用いて組織の修復を促進し、痛みや腫れを早期に軽減させます。
また、この時期に患部周囲の筋力強化を図っておくこともとても重要になってきます。亜急性期が過ぎても周囲の筋力が弱ってしまったままだとスポーツ復帰を遅らせてしまいます。ですので、この時期から積極的に患部周囲の筋力訓練を実施していきます。

亜急性期を終了し慢性期になるとスポーツ復帰は目前になります。しかしケガをした部位、痛めた組織が修復したからといってすぐにスポーツ復帰できるわけではありません。
患部周囲の筋力、関節可動域、鈍ってしまった患部あるいは全身のバランス感覚を元通りに回復させなければなりません。

時折、ケガをしてスポーツ復帰してからすぐに再受傷したり、他の部位を痛めたりすることがありますが、これは患部周囲の筋力、関節可動域、バランス感覚を元通りに回復させていなかったことが原因であることがほとんどです。
特にバランス感覚は重要で、筋力や関節可動域のように目に見えないものなので、おろそかにしてしまいがちです。
バランス感覚が回復していないと、スポーツでの急な動きや予期せぬ接触などに対応できず再受傷につながってしまいます。

当院ではその他様々な手法を用いてバランス感覚も正常に回復させ、ケガを治すだけでなくケガをしない身体作りを目指します。
posted by 浅草さくら治療院 at 15:02| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。